チャンピックスでタバコ依存から解放

チャンピックスは禁煙の為の飲み薬。タバコを不味くさせる効果があり、禁煙の手助けをしてくれます。ヘビースモーカーの方はきちんと病院に行き、お医者さんと相談しながら、ぜひこのチャンピックスを服用し、体への負担を減らしてあげましょう。

チャンピックスは魔法の薬

煙草は肺ガンのリスクを高めると言われています。
しかし、煙草の肺ガンのリスクと言うのは喫煙者だけではなく、喫煙者が吐き出した煙りや灰皿に煙草を置いて在る時に立ち上る煙などにも発ガン性物質が含まれており、喫煙を行う時の煙よりも、これらの煙の方が肺ガンになるリスクが高いと言われています。
家族の中で喫煙をする人が居る場合、その人が家族の周りで喫煙を行うと、喫煙をしない家族にも肺ガンのリスクが高くなると言われているのです。
また、最近は消費税が上がった事などからも煙草の値段が高額になっており、消費税が上がることや、周りにいる人への肺ガンのリスクが在るなどの理由からも煙草を止める、もしくは節煙を心掛ける人が増えていると言います。
因みに、喫煙者が吐き出した煙や灰皿に煙草を置いて在る時に立ち上る煙を吸い込む事を受動喫煙と呼んでおり、受動喫煙による肺ガンのリスクは高いと言います。
所で、煙草と言うのは簡単に止める事が出来る人もいれば、中々辞める事が出来ない人も多いものです。
煙草と言うのはニコチン中毒による喫煙における欲求が在ると言います。
煙草を吸いたくなるのは、ニコチンを身体が求めているからであり、煙草を簡単に止める事が出来る人と言うのは、ニコチンの欲求作用が少ないと言われているのです。
最近は、禁煙をする目的において、病院の中に禁煙外来と呼ばれる診療科が設けられています。
禁煙外来は、お医者さんに協力をして貰って禁煙をして煙草を止める目的で通院する診療科であり、禁煙外来ではチャンピックスと呼ばれる禁煙補助剤が処方され治療を進めて行くことになるのが特徴です。
尚、禁煙補助剤と言うのは、チャンピックス以外にも数種類が存在しており、ドラッグストアなどでも購入が可能になっていますが、チャンピックスは初診の場合と、初回診療日から1年経過している場合は健康保険が適用されるので、薬の費用についても3割負担で良いと言う特徴が有ります。
また、チャンピックスは12週間で禁煙を成功する事が出来ると言う禁煙補助剤であり、最初の7日間については煙草が吸いたくなった場合は喫煙をしても良いと言う特徴も有ります。
また、薬の飲み方についても特徴が有ります。
最初の1週間は、前半の3日間は1日1回0.5mg錠を服用し、後半の4日間は1日2回0.5mg錠を服用します。
2週目から12週目までは1日2回1mg錠を服用する事で禁煙が出来ると言われているのです。
尚、途中で喫煙がしたくない状態になった場合は、その時に服用を止めても良いと言う特徴が有ります。

■チャンピックス購入ならこのサイト
チャンピックスで禁煙治療